2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 9月定例本会議の一般質問に立つ | トップページ | 一九会での県内視察 »

2008年11月21日 (金)

第8回都道府県議会議員研究交流大会へ参加

Img_0330

11月21日、都道府県議会議員研究交流大会が東京で開催され、宮城県議会議員団として参加しました。全国各地から400名を超える議員の方々で会場は埋め尽くされ、とても盛大な大会でありました。地方分権社会に向けた地方議会改革のあり方、そして真の地方自治とは何なのかといったテーマで片山慶應義塾大教授の基調講演が行われ、その後5つの分科会に分かれそれぞれのテーマで地方議会のあるべき姿を模索する有意義な意見交換が行われました。私は、議会改革の中間総括と今後の方向性をテーマとする第1分科会に参加しましたが、中央集権から地方分権へ国のかたちを変えようとする論議が全国的にも活発化するなか、議会改革はまさに全ての都道府県議会の大きな関心事であり、大変活発な意見交換が行われました。私は地方分権型社会ではなく正しくは地域主権型社会だと思っておりますが、しっかりとこの論議が進められるためにも、やはり地方議会がしっかりすることがまず重要であり、国のかたちを変えていくためには地方から声をあげていく必要があることを再認識した有意義な大会でした。

« 9月定例本会議の一般質問に立つ | トップページ | 一九会での県内視察 »

議員活動」カテゴリの記事